ごあいさつ

きっかけは2014年8月、会長をさせていただいております私、安達が、インターネットで「備前黒皮かぼちゃ」の存在を知ったことに始まります。

以前より「在来種・固定種野菜のタネを守ってゆきたい」との思いがあり、セミナーの開催など啓蒙活動に取り組んできました。

そんな折、昭和初期に全国にその名を轟かせたカボチャが、私が生まれ育った瀬戸内市にあったと知り、知人友人から有志を募って復活に向けての活動をスタートさせました。

まず瀬戸内市牛窓地域を中心に探しましたが、既にタネの採種は途絶えていました。(岡山県内では各農家による自家採種が中心で、種子販売用の”固定種”としては確立されなかった模様)

さらに調べてゆくと、植物遺伝資源を長期にわたって保護する「ジーンバンク事業」が1985年にスタートし、牛窓町師楽にて1987年にタネが採種され、「岡山県農林水産総合センター 農業研究所」に保存されておりました。(当時、いくつかの系統が存在した中で、縮緬(ちりめん)の出かたなど昭和初期の形質を一番維持していると思われるものを採種したとのこと)

当会の発足と同時にタネの譲与申請を行い、2015年3月に農業研究所様より貴重なタネを譲り受けました。

2年間の試験栽培ののちに種苗の継続使用の許可が下り、一般の方にも種苗をご販売させていただけることになりました。


当会ではこれまで、栽培方法の確立と共に、おいしい食べ方の研究に取り組んでまいりました。

天ぷらや素揚げ・炒めもの等、油との相性がよく、自然な甘さですのでいろいろな料理にご利用いただけますが、ホクホク感がないため煮物には向きません。瑞々しくフルーティな 味わいを活かして「フレッシュジュース」「スムージー」「漬物」など、加熱せずにお召し上がりいただくのもおすすめです。

まずは地元岡山の皆様に備前黒皮のおいしさを知っていただくため、県内のレストランや惣菜店のほか、カフェやジューススタンドとの連携をしてゆきたいと考えています。そしてお菓子など加工品への利用も進め、全国へ発信してまいりますので、何卒応援よろしくお願い致します。


日本カボチャ備前黒皮を復活させる会

           会長 安達 勇治